• HOME
  • 制震装置MGEO-N

制震装置MGEO-N

妙高建設がおすすめする制振装置MGEO-Nをご紹介します!

地震大国日本だからこそ、地震対策をした安心できる住まいが必要。

2011年3月11日、この国を襲った未曾有の大災害。M9.0の東日本大地震は想定外の地震、1000年に一度の地震と報道されました。
阪神・淡路大震災以降、宮城県沖地震、中越地震、そして2016年熊本大地震と、地震の被害は後を絶ちません。
だからこそ、いつどこで起こるか分からない天災だからこそ、今、対策をする必要があるのです。

そう考えた弊社は、安全な住まいを提供するため、この制震装置「MGEO-N(エムジオ-エヌ)」を採用しました。

「耐震」と「制震」と「免震」って何が違うの?

耐震 制震 免震
構造体そのものの強度で地震の揺れに耐え、建物の倒壊や損傷を抑えます。雪国ならではの4寸柱・太梁、剛床構造等で強固な耐震構造としています。 最新の高層ビルなどに採用されている技術で、建物自体の揺れを軽減させます。地盤などの制約もなく低コストで損傷を防ぎ、連続の地震にも効果を発揮します。 建物の基礎部分に装置を設置することで、建物に揺れを伝えず、地震の被害を最小限に防ぐことができます。ただし地盤の関係で設置できない可能性があるのと、費用が高額です。

「耐震」と「制震」と「免震」の中でもMGEO-Nは制震に特化しています!

建物の揺れ幅を最大50%軽減!

制震装置「MGEO-N」は、地盤や敷地条件に幅広く対応でき、どんな地域でも設置可能です
建物自体の揺れを最大50%軽減することができ、繰り返し起こる地震に対しても効果的
で、揺れを抑えることで、建物の修繕費も最小限に抑えることが可能です。
さらに、発生頻度の高い中小地震はもちろん、大型台風に対しても効果を発揮します。

「高減衰ゴム」で100年の耐久性!

制震ダンパーに使用しているのはレーシングタイヤの開発技術を応用して開発された「高減衰ゴム」という高性能のゴムです。
このゴムに加わった力を熱エネルギーに変換し衝撃を吸収することで、劣化促進実験では約100年相当の高い耐久性があるという結果が出ました。
繰り返し起こる地震に変わらない性能を発揮し続けます。

高減衰ゴム(左)と一般のゴム(右)の差。高減衰ゴムは運動エネルギーを熱エネルギーに変換します。 高減衰ゴムは全国の斜張橋でも採用されています。(写真は北海道江別市・美原大橋) 高減衰ゴム(左)の引っ張り。伸びは一般のゴム(右)の約2倍です。

家族を守る安心で安全な住まいを提供します。

日本に住んでいる限り、頻繁に起こる地震の対策は必要不可欠です。よりお客様の安全を確保できる、安心して住むことができる住まいが求められる中、「適正な、割安な価格にてより質の高い安全な住まいを提供したい」という考えのもと、この制震装置「MGEO-N」を採用しました。

妙高建設では無料で一級建築士による住宅診断を行っております!
まずは家の状態を知ることから始めませんか?

お問い合わせはこちら

  • 新築 妙高建設 新築プラン リフォーム
  • 妙高建設 MGEO リフォーム 新築
  • 妙高建設 新築 リフォーム
  • リフォーム 妙高建設 補助金 新築
  • リフォーム 新築 妙高建設 新築プラン
  • 新築 リフォーム MGEO 妙高建設
  • 新築 妙高建設 リフォーム
  • 妙高建設 リフォーム 新築